FXにおけるテクニカル指標の組み合わせ

バナー

FXにおけるテクニカル指標の組み合わせ

  

FXでは、投資判断をする基準としてテクニカル指標を用いるのが一般的です。

テクニカル指標は移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドや一目均衡表など様々な種類がありますが、多くのトレーダーは一つではなく複数の指標を同時に使っています。


しかし、相性が悪い指標同士を組み合わせてしまうと正しい投資判断が出来なくなります。

テクニカル指標には、それぞれ得意な相場状況と不得意な相場状況があります。



つまり、組み合わせる指標はお互いがお互いの不得意な相場状況をカバーしてくれる特性を持っている必要があるのです。例えば、MACDはトレンド相場では威力を発揮するもののレンジ相場が苦手です。
そこで、レンジ相場を得意とするテクニカル指標であるスローストキャスティクスを組み合わせてフィルターとして機能させることでレンジ相場でも正しいシグナルを発してくれるようになるのです。

同様に、ボリンジャーバンドとDMIを組み合わせればトレンド相場で強力なサインを出してくれます。
また、同じ相場状況を特異とするテクニカル指標同士を組み合わせることでより強力なシグナルとして活用することも可能です。



移動平均線とRSIはレンジ相場において有効な組み合わせで、逆張りトレードを行う際は特に役立ちます。

All Aboutに関する特集の情報が満載です。

FXでテクニカル指標を組み合わせる注意点として、あまりに多くの指標を同時に使ってはいけないということが挙げられます。指標が多いと、ある指標では買いサインが出ていて他の指標では売りサインが出るといったことが起きるのです。

FXでは同時に組み合わせるテクニカル指標は2つから4つ程度にしておくべきです。